家族葬の申し込みがスムーズ【気軽に利用できる】

コンテンツ一覧

お葬式の種類と選びかた

花

希望の葬式は個人差がある

近年、奈良の葬儀社では家族葬や1日葬、直葬といった葬式を希望する方が増えています。これは、核家族が増えていることや葬儀費用を節約したいと考える方が増えており、葬式への考え方も時代の流れとともに変化しているからでしょう。宗教色のない自由葬や無宗教葬を希望する方が徐々に増えているのも、そのあらわれといえます。奈良の葬儀社では、今まで通りの一般的な葬式の次に家族葬が多くなっています。家族葬とは肉親とごく親しい知人だけが参列できる葬式のことで、他の方は参列することができません。故人の仕事関係者や知人などと慌ただしく挨拶する必要がないため、喪主家族も落ち着いて故人との別れを惜しむことができるメリットがあります。また、参列者が少ないので葬儀費用を抑えることもできます。奈良の一般的な葬儀は通夜から葬式を行いますが、1日葬は通夜を省いたものです。故人の亡くなった場所が遠距離で、葬儀と喪主のスケジュールが合わない場合に行われています。また、通夜を省くことで参列者の負担を軽くすることもできます。奈良の葬儀社での直葬は、通夜と葬式を行わず火葬と供養のみを行い、参列者の人数は10人以下で肉親だけというのがほとんどです。直葬は、家族葬よりも費用が安く短時間で終わるメリットがあります。奈良の葬儀社では様々な形式のものを用意しており、依頼者の希望に応じたプランを提案しています。ただし、葬儀費用は同じでも業者によってサービス内容が異なる場合がありますので、内容をしっかり確認してから依頼することが重要です。

Copyright© 2018 家族葬の申し込みがスムーズ【気軽に利用できる】 All Rights Reserved.