育ててくれた大事な両親へ|唯一無二の斬新なプレゼントを贈ろう

ギフト

一言添えると印象がよい

贈り物

結婚式に参列できない方からお祝いをもらった場合には、忘れることのないようにしっかりとメモしておくことをおすすめします。というのも、結婚式に参列できない方からお祝いをもらった場合には、結婚内祝いを贈ってお返しをする必要があるからです。式を挙げてから1か月以内に贈るのが一般的なマナーとされていますので、遅れてしまうことがないように早めに準備しておくことをおすすめします。結婚内祝いの品としては、縁起のよいものやもらって困らない日用品などを選ぶと喜ばれることが多いです。また、お米などの日持ちする食品も同様に喜ばれます。食べればなくなってしまうものなので、後に残って困ることがないというのがよいポイントとなっています。最近では、結婚内祝い向けに華やかなラッピングがされたお米なども出ていますので、そのような贈り物向けのものを選択するのもおすすめです。特に、紙の包装ではなく風呂敷包のものであると、丁寧で上品な贈り物であるという印象を与えることができてよいでしょう。また、通販サイトでも結婚内祝い向けの品を取り扱うことが増えており、そのような通販サイトではのしがけやメッセージカードを添えることに対応しているところが多いです。のしがけを忘れる方はあまりいませんが、感謝の気持ちを伝えるメッセージカードを添えるのを忘れてしまうことは案外多いものです。なくても特に問題はありませんが、何か一言添えておくとより印象がよくなるのでおすすめです。