家族葬の申し込みがスムーズ【気軽に利用できる】

コンテンツ一覧

準備をサポートします

花

あらかじめ相談できます

親族が臨終を迎えると精神的にも負担が多く、上手に葬儀の手配ができるかどうか不安な気持ちになります。あらかじめ葬儀の段取りを把握しておくと、もしもの時に慌てずに対応することができます。最近では、多摩区で葬儀を行う準備を生前に依頼する高齢者がいます。親族に負担を掛けたくない気持ちからなので、家族も一緒に葬儀の場所やその場の雰囲気を見ておくのも良いでしょう。最期を迎え多摩区の葬儀社へ連絡をすると、寝台車ですぐに駆けつけてくれます。病院では死亡診断書を作成してもらい、葬儀社には自宅の仏間に安置してもらいます。北枕で燭台や香炉を用意して枕飾りを行います。その後、多摩区の葬儀社と打ち合わせをしていきます。喪主になる人は僧侶の手配や仏式や神式といった形式、時間や場所を決め、親族に連絡をします。親族が集まると、通夜の前に納棺の儀式を行います。棺に納めたら祭壇や供花、料理などを決めていきます。弔問に来てくれた人にはおもてなしをしなければならないので、あらかじめ友人に手伝いの依頼をしておくとよいでしょう。僧侶に渡すお布施や訪問者への香典返しは多摩区の葬儀社と相談すると親切に教えてくれます。最近では家族のみで執り行う家族葬を希望する場合もあり、臨終の報告時に弔問をお断りする場合もあります。家族だけで最期のひと時をゆっくり過ごしたいという気持ちの表れともいえます。通夜、告別式、納骨と順次執り行い、故人縁の多摩区の霊園に埋葬しましょう。

Copyright© 2018 家族葬の申し込みがスムーズ【気軽に利用できる】 All Rights Reserved.